健康補助食品で健康な体に!ブルーベリーで疲れ目改善

笑顔の女性

生活習慣を改善する

男性

お風呂上がりに自分の体を鏡で見てみると、若いころと比べてお腹が出てきたと感じる人はコレステロール値に注意してください。人間の体の中には、善玉コレステロールと悪玉コレステロールがいます。この二つのバランスが重要なのですが、悪玉コレステロールが増えると様々な病気の原因になるでしょう。悪玉コレステロールが体内で増えると、動脈硬化になってしまう可能性があります、血管の中で血栓ができて、越駅を体中に運ぶことが出来なくなります。動脈硬化で命を落としてしまう人も多くいる怖い症状です。会社の健康診断でコレステロール値が高いと診断された人は、自分の生活習慣を改善しましょう。

コレステロール値を下げる方法は、生活習慣の改善が一番です。多くの人が乱れた生活習慣をしているでしょう。
初めに改善するのは、食事です。健康を考えてバランスの整った食生活を意識してください。油物は控えるようにしてください。青魚や野菜を中心にした食生活に変更しましょう。また、飲酒も適量ならば大丈夫です。深酒はしてはいけません。次は、定期的に運動をするように心掛けましょう。会社までの通勤に電車や車を使わずに、少しでも歩く時間を作るようにしましょう。最初から激しい運動をすることは難しいので、自宅周辺をウォーキングすることから初めて見ましょう。30分から1時間歩くだけでいい運動になるでしょう。
最後に、コレステロールに効果のあるサプリメントも飲んでみましょう。DHAやEPAなど成分はコレステロール値を下げる効果があります。コンビニでも購入することが出来るのでためしてみましょう。コレステロール値が高い人は、自分の生活習慣を見直して健康になる努力をしましょう。